会社名 - キャッチコピー・商品名など
RSS ファンになる

最新記事

お盆 medium in England( 霊能者を育てる英国の学校
Coffin meets stamps 切手みたいな棺
funeral in New York 世界のお葬式 ニューヨーク
マッサン NHKのマッサン イギリス流エリーの墓地 Grave Tomb in England
Coffin in New York ニューヨークとロンドンの棺の違い

カテゴリー

世界のお葬式 Coffins in the world
検索エンジンの供給元:

Coffins in the world

Coffin in New York ニューヨークとロンドンの棺の違い

ロンドンでアートのようにカラフルなお葬式を研究してきた私にとって、
ニューヨークでのお葬式の研究も、また少しロンドンとの違いがあり、同じ西洋でもモダンアートのニューヨークと伝統のロンドンとでは違うのだな、、と感じることがあった。

例えば棺。イギリスは火葬が80%なので、木製が多い棺であるが、
ニューヨークも火葬化が多くなってきているとはいえ、
まだまだ土地に余裕があるのか、(マンハッタンは土地の余裕はないでけど、周り(州)に土地の余裕があるようだ。

なので、ニューヨークの棺はメタルのものなど燃えない材質のものも多く存在している。

ロンドンは木製のシンプルなものも、また、アート棺も多いが、ニューヨークは棺の形の家具、棺家具という生前から棺を使用しながら最後は自身が使う、、ような実用的なものもあるのが、さすがアメリカである。

棺家具には、キャビネットやら、テーブルやら、ビリヤード台など様ざまでとてもユニークで実用的である。

またの機会に棺家具もご紹介する。

以下の写真は私がニューヨークのお葬式屋さんで、棺の研究をさせて頂いているところ。


Grave Tomb  ニューヨークの棺  終活 墓地 ニューヨークのお葬式 世界のお葬式




Coffin in New York ニューヨークとロンドンの棺の違いに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment