会社名 - キャッチコピー・商品名など
RSS ファンになる

最新記事

お盆 medium in England( 霊能者を育てる英国の学校
Coffin meets stamps 切手みたいな棺
funeral in New York 世界のお葬式 ニューヨーク
マッサン NHKのマッサン イギリス流エリーの墓地 Grave Tomb in England
Coffin in New York ニューヨークとロンドンの棺の違い

カテゴリー

世界のお葬式 Coffins in the world
検索エンジンの供給元:

Coffins in the world

Funeral flower meets art お葬式の花をアートする

イギリスのお葬式の花のカラフルさを目の当たりにして私には、とてもカルチャーショックを受けたのを今でも、強烈に覚えている。

なぜなら、日本にはまるで決まったようにしろと黄色の菊のみがお葬式の花として許されていたからだ。

最近ではすこしづつ、変化しつつあるが、まだまだ、真っ赤な薔薇などを使うことはほとんどない、

なぜきれいな花でフィナーレを送ってあげて悪いのか、、と私はこの欧米と日本のお葬式の違いに愕然とし、今、フュネラルアーティストFuneral-artistとして活躍して、手作りの安くてステキなお葬式の教室を開いている、
私の教室では、エンディングノートの書き方とともに、欧米の華やかな特にイギリスのお葬式のカラフルさを写真でおみせして、その後、
実際に私の真っ赤なお葬式などの作品をフュネラルアートFuneral-art
作品をみていただき、アートな骨壷Art-Urns や人によってさまざまな人生のフィナーレが違うようにお葬式も違うように演出することを講演会などで、ご紹介している。

それは、サロンなどや、教室、ホールなど色々な場所で行っている。

終活のヒントになればとおもい、イギリスのお葬式や、カラフルなお葬式のお花アレンジメント、Funeral flowers を教えながら、じっくりと自分がどのような最後フィナーレを迎えたいかをさぐってもらい、

エンディングノートに遺言のように残してほしいのだ。

なぜなら、自分の人生のフィナーレは自分で決めるものだから、、、

じぶんらしい、故人が主役のお葬式や、生前に骨壷を選んでおくという自分で決めたいということがかなうのである。

以下はこの間、サロンでした、エンディングノートの書き方の講演会と、真っ赤なお葬式の様子

エンディングノートの書き方 Art Funeral Art Urns Golden leavesピンクの遺影の額や、お揃いの骨壷Art Urns もみせて、自分のエンディングを自分で残されたものに美しく伝えるヒントにしてほしい。

こんな講演会を開けるまでにんは、私は非常に困難に突き当たることになった、葬儀社からの嫌がらせや、彼らは安くてステキな手作りのお葬式が広まると困るからであろう。

このようなお葬式なら、20万円くらいからできて、とてもステキで心がこもった手作りができる。

額縁も遺影を入れる写真もお気に入りを生前から選べるし、綺麗な骨壷 Art Urns も自分で生前に選べる。
エンディングノートという遺言で、残されたものがマニュアルとして、故人が主役で好きなお葬式を安くて、ステキに行えるのである。

私は故人の意志を引き継ぐお手伝いをする、フュネラルアーティスト
アートお葬式装飾家 Funeral artist である。

お金儲けだけを考える、日本のお葬式屋(お葬式屋にもいい人もたまにいるが、、、)とは天敵になるようだ。

私は一般庶民がステキで、安くて、心のこもったお葬式をこれからも、困難があろうとも広めて行きたい。






Funeral flower meets art お葬式の花をアートするに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment