会社名 - キャッチコピー・商品名など
RSS ファンになる

最新記事

お盆 medium in England( 霊能者を育てる英国の学校
Coffin meets stamps 切手みたいな棺
funeral in New York 世界のお葬式 ニューヨーク
マッサン NHKのマッサン イギリス流エリーの墓地 Grave Tomb in England
Coffin in New York ニューヨークとロンドンの棺の違い

カテゴリー

世界のお葬式 Coffins in the world
検索エンジンの供給元:

Coffins in the world

How much is funeral in England and New York?世界のお葬式はいくら?

日本では平均200万円くらいするといわれている、お葬式。
最近では少し休めのお葬式屋さんもあるけれど、
大抵ばたばたとせきたてられて、200万円とか言われる、
でも欧米のお葬式は違う。
たとえば、イギリスやスコットランド、ニューヨークでは、約40万円からでお葬式が出来る。

人が死ぬことは、自然な流れである、したがって、教会でお葬式もやれば、結婚式も同じ場所でするのだ。

私はロンドンのお葬式屋で、イギリスのお葬式を研究していた頃、
日本では平均3日で約200万円でお葬式が執り行われると、説明すると、
ロンドンのお葬式屋さんは、驚いていたのがとても印象深い。

命あるものはすべて平等に死ぬ。
なのに、べらぼうな費用で、故人も主役でなく、どたばたと3日でワケが分からぬうちに、200万円。

個性もなく、男女の区別もなく、白い花ばかり。。。

日にちも約1週間かけて、霊安室で保管し、故人らしいお葬式を執り行うのが欧米流だ。

せめて日本でも5日くらいかけて、ゆっくりと、故人との最後の別れを、安くて綺麗で、故人らしさが出ているお葬式にしてもいいのではないか?と私は疑問におもったことを今でも覚えている。

私の教えている手作りのお葬式は20万円あれば、質素だが、美しい故人らしいお葬式ができる。
このイギリスでの学びが今の私を形成している。
多死社会 とNHKが分析する切ない世の中に、なってきているようだが、せめて最後だけは、ステキな自由な、美しい思い出と共に「故人が主役」のお葬式をもっともっと、日本で広めていきたい。

故人が好きならピンクでも豹柄でも、タイガースでも、ダンディーでも、真っ赤でもお葬式はその人の人生のフィナーレを表す最後のステージになるはず。

安くてもステキにお葬式は出来るのだ。

How much is funeral in England and New York?世界のお葬式はいくら?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment