会社名 - キャッチコピー・商品名など
RSS ファンになる

最新記事

お盆 medium in England( 霊能者を育てる英国の学校
Coffin meets stamps 切手みたいな棺
funeral in New York 世界のお葬式 ニューヨーク
マッサン NHKのマッサン イギリス流エリーの墓地 Grave Tomb in England
Coffin in New York ニューヨークとロンドンの棺の違い

カテゴリー

世界のお葬式 Coffins in the world
検索エンジンの供給元:

Coffins in the world

Coffin meets stamps 切手の棺


ここ最近、海外出張が多くて、ブログが更新できませんでした。

さて、イギリスのお葬式屋さんで、本格的にイギリスのお葬式グッズなどを研究するにしたがって、色々な自由な表現の棺、骨壷、分骨壷、お葬式の方法、手作りのお葬式、お葬式のお花funeral flower, urns funeral-service funeral-ceremony,などさまざまなアートと融合したステキで故人が主役になれるお葬式と遭遇しました。

私には、毎日が驚きの連続で、また、イギリスはほぼ80%が火葬、Cremationなので、そういったところも、島国の土地の少ない日本と似ているなと感じる場面にも遭遇しました。

ただ、いえることは日本は、お葬式屋がすべてを組み込んで、自由に遺族が好きなことをあまり出来ないという点が、絶対的に違います。

エンディングノートが今、日本で登場し、自分らしさを求めるお葬式が増えてきていることを、やはり、押付けられたお葬式をどこか変だと思っていた日本人が多かったと感じざるを得ないのです。

でも、自分らしさってどんなだろう?と迷ったときは、是非世界のお葬式、欧米のアートの様なお葬式、イギリス、ニューヨークのお葬式などをみて、参考にしてから、自分の最後のストーリーを決めてください。

私は講演会などで、欧米のアートのようにピンクや赤のお葬式と比べながら、最後に自分らしいお葬式、をエンディングノートに作成することを教えています。一般の人たちに、まるでお教室のお勉強のように明るく、楽しく、色々な画像をお見せして、エンディングノートの作り方を教えています。

骨壷や分骨壷も、世界のお葬式や、自由なイギリス、ニューヨークのお葬式を参考にしながら生前に用意したら、自分の意思がかないます。

コレクターの方が世界中でたくさんいます。

今回、私がご紹介するのはイギリスの切手Stampsの棺Coffinです。

色々な画像などを私は講演会でお見せして、最後に自由に自分のお葬式や、エンディングノートの書き方を今、日本で教えています。

「自分の最後は自分で決める、自由に決める」を教えています。

イギリスでの私のお葬式屋さんでの経験は、お葬式は美しく、自由で、自分で故人が生前に選べることがいっぱいある、、と言うことを学ぶことでした。


Stamps collection coffin   切手のコレクション 切手の棺 イギリスの棺

Coffin meets stamps 切手の棺に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment