会社名 - キャッチコピー・商品名など
RSS ファンになる

最新記事

お盆 medium in England( 霊能者を育てる英国の学校
Coffin meets stamps 切手みたいな棺
funeral in New York 世界のお葬式 ニューヨーク
マッサン NHKのマッサン イギリス流エリーの墓地 Grave Tomb in England
Coffin in New York ニューヨークとロンドンの棺の違い

カテゴリー

世界のお葬式 Coffins in the world
検索エンジンの供給元:

Coffins in the world

Coffin meets music 音楽家のお葬式

イギリスでは、棺に制限がないかのように、美しいアートの様な棺や、故人に適した棺が作成され、アート展覧会としてArt Exhibition 各地域で展示されている。

日本ではお葬式屋さんが、展示をするが、ほとんど人が行かない。
それもそうだ、日本の気持ち悪い、怖い飾りつけの男女の区別もない高いお葬式の展示会なんて、、、。

ロンドンの葬儀社で、イギリスのお葬式を研究し、私は色々な棺、アートの様な棺が存在することを学んだ。

後に私は、日本で第1回目の自分自身が主催する、アートお葬式展・フュネラルアート展覧会
Fauneral-art exhibition in Osaka Japanを開催することになろうとは、

このロンドンでの研究中には思いもよらなかった。

ただ、ひたすらこんなにも自由に故人らしさを表現できる、カラフルで美しいお葬式が世界に存在するとは、、、。

終活(自分の人生の終わり方をどうしたいのかを考える活動を日本ではSahuukatsuと言う)を考えるのであれば、ぜひ、世界のお葬式のあり方を学んでほしい。

そして分骨壷や、骨壷、棺、エンディングノート、遺言のノート、生前葬など色々なことを試してから、自分の納得の行くお葬式が演出できるようにくいのないお葬式を学んでほしい。

もちろん、手作りのお葬式の装飾の仕方や、色々なバージョンのアートお葬式を見てもらって、学んでほしい。

カルチャー教室のように、気軽に自分の人生のFinaleフィナーレをfuneral flower からfuneral-decorationから自分の人生で一番相応しいお葬式を見つけてほしい。

自分がどのようなフィナーレFinaleのお葬式Funeral をしたいのか?
自分に相応しいのは何か?が分からない人が多いが、

まず、自分と向き合ってほしい。
私の日本で教えているフュネラルアートFauneral-art手作りのお葬式のお教室では、
自分が何者であるのか、(Who am I?)そして、どうフィナーレFinaleを送りたいのか?(What kind of funeral am I like?)
を導いている。

どのようなお葬式をしたいのか?=今、どのように生きるのか?  である。(What kind of funeral decoration am I like =how live Now?)

たとえば、これは音楽家のオーダーしたに違いないイギリスの棺屋製作のギターの棺であるが、

故人はまさしく、音楽が好きであった、、特にギターを愛していた人であることが分かる。

終活、エンディングノートを書くのであれば、「自分が今どう生きるのか?」を是非,フュネラル・アート(アートお葬式装飾)教室で探ってほしい。

イギリスで作成されたギターの形の棺
最低でも2mはあるらしい。弦のところを合わせたらものすごく大きい棺である。
日本でも世界のお葬式、アート棺展示会 Art funeral exhibitionを開催し、日本中の人に色々な考え方のお葬式があるのを知ってほしい。

自分の終活でエンディングノートを作成する前に、もっと世界のお葬式を知ってほしい。
どうやって入るのだろう。パコッてギター部分が開いて入るのかな?
世界のお葬式 イギリス

Coffin meets music 音楽家のお葬式に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment