会社名 - キャッチコピー・商品名など
RSS ファンになる

最新記事

お盆 medium in England( 霊能者を育てる英国の学校
Coffin meets stamps 切手みたいな棺
funeral in New York 世界のお葬式 ニューヨーク
マッサン NHKのマッサン イギリス流エリーの墓地 Grave Tomb in England
Coffin in New York ニューヨークとロンドンの棺の違い

カテゴリー

世界のお葬式 Coffins in the world
検索エンジンの供給元:

Coffins in the world

ご遺体の管理もアートのように美しい A corpse keep near art garden

これから、まだまだアートの美しさ、個性を借りたイギリスの棺を紹介していくのだが、
 
その前に、私がイギリス・ロンドンの葬儀社でイギリスのお葬式を研究しているとき、Funeral director お葬式をつかさどる葬儀社の人。
が日本のお葬式のことを聞いてきた。
 
日本では平均3日で葬儀が執り行われる、、と私が話すと、葬儀社の女性上司は、「3日!なんて短いのね~」
 
と驚いていた。
 
イギリスでは、平均1週間くらいをかけて、故人を偲び、故人や、遺族の満足のいくお葬式をfuneral derector と協議しながら決めていく。
 
お葬式に飾る花funeral flowers1つ。、coffin casket 棺1つ。
 
日本のお葬式屋のように事務的に、白い菊や、祭壇の使いまわしで、
少ないチョイスから、遺族を急がしてあっという間に、遺灰になってしまうことはないのだ。
 
棺も色々なものから決めたり、セミオーダーで作ったり、1週間あるので1からオーダーで棺を作成することもある。1週間もあれば、遺族も落ち着いてくるので、それなりに、心のこもった自由な故人が好きだったお葬式が出来る。
 
しかも費用は40万円~60万円で、十分であった。オーダー棺は別途料金がいると思うが。
 
加えて、その1週間の間ご遺体を預かる霊安室があるが、これが、ホーランドパークをいう素敵な公園の近くに存在する。
 
ヨーロッパの人は、親戚がイタリアに住んでいたり、フランスに住んでいたりするので、お葬式に来るのに時間がかかり、長い人は2週間後遺体を預けることもあるそうだ。
 
私は、そのご遺体の安置所のある「ホーランドパーク」がどんなところか知りたくて、チューブ(地下鉄)に乗って、出かけてみた。
 
その日は初夏で、とてもすがすがしい空気が心地よかった。
 
ホランドパークに着いてびっくりしたことは、なんと、高級住宅街でもあり、
その公園には、素敵なレストランもあり、結婚式も行われるらしい。
 
そして、公園中にこの季節のフジの花wisteria flowersと薔薇roses が咲き乱れ、まるで天国のガーデンのように美しいを通り越して、優美であった。
 
こんなところに遺体の安置所が近くに存在するなんて、、、。
 
さぞ、ご遺体も初夏の花の美しさを身近に感じているに違いない、、と私は思った。
 
そこに、もう一度驚くことが起こったのである。
 
なんと、私の足元に孔雀がやってきたのである。
お散歩なのか、時々羽を広げながら、優雅に孔雀が行過ぎる、、。
 
私は一瞬、絵画の世界に紛れ込んだのでは、、、と錯覚をした。
幻想を見ているようだった。
 
少しブルーと紫を瑠璃色の孔雀に見とれていると、今度はどこからともなく真珠の色をした孔雀が姿を現した。
 
まるで、私を楽園に誘惑をするように、、、。
 
これは現実か、夢なのか私には分からなくなってきた、、。
 
霊安室の近所に孔雀、、、。
 
よく欧米では孔雀は魔よけとして宮廷などの庭に飼われていたらしい。
美術館などの壁画に孔雀が描かれているのを見かけたことがある。
 
この夢のように優美な公演は霊安室の近くに存在し、孔雀や藤の花が死者を守ってくれているかのように私には思えた。
 
最近、終活やエンディングノートを作成、お勉強されている方にもこのような場所があることを私のカルチャー教室でお教えしている。
 
生前に決めた自分の骨壷に孔雀を手書きで書いても、藤の花をfuneral fulowersとしてエンディングノートに記してもいいのではないか?
 
私の分骨壷の作品には藤の花や孔雀の模様の骨壷の作品がある。
 
それは、このときの、ホーランドパークで出遭った境遇から創作へと導かれたものだと私は思っている。
 
だれでも美しいところに入りたいはず、日本ではこわ~い感じのお葬式でお墓で、なぜ美しくしてはいけないのか、しかも値段も日本がばかの用に高い。
 
分骨壷に藤の花を描いてもいいし、わずか3日で忙しくわけのわからない感じで送って後で後悔するより、イギリスのように1週間とは言わないが、5日くらいお葬式にかけても、いいのではないだろうか?
 
そもそもだれが3日、、、て決めたのか?私は葬儀屋だと思う。
 
終活をするなら、是非世界のお葬式を見てください。
 
イギリスのお葬式、アメリカのお葬式、など色々なチョイスを私は日本全国の人に講演会などを開いて教えてあげたい。
 
固定概念を崩してあげたい。お葬式は1種類ではないのだから。
 
日本では目面しい白い孔雀、ロンドンの遺体安置所近所の公園で。孔雀の絵を分骨壷に手書きしても良いし。自由なお葬式、世界のお葬式をもっと日本人に講演会などで教えてあげたい、カルチャー教室でイギリスのお葬式を取り上げています。Peacock cremation urn . white peacock is unusual.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私どもでは白い孔雀の羽の分骨壷も扱っています。ニューヨークでも販売していますが、一番かっこいいと人気がこの孔雀模様の骨壷です。The cemetery's garden must have peacock for healing people
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
白い孔雀の羽はまるでエンジェルの翼のように美しい。こんな孔雀模様の分骨壷は本当に美しいです。We have white peacock's cremation urn. Peacock's wing are like angel's wing.

ご遺体の管理もアートのように美しい A corpse keep near art gardenに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment