会社名 - キャッチコピー・商品名など
RSS ファンになる

最新記事

お盆 medium in England( 霊能者を育てる英国の学校
Coffin meets stamps 切手みたいな棺
funeral in New York 世界のお葬式 ニューヨーク
マッサン NHKのマッサン イギリス流エリーの墓地 Grave Tomb in England
Coffin in New York ニューヨークとロンドンの棺の違い

カテゴリー

世界のお葬式 Coffins in the world
検索エンジンの供給元:

Coffins in the world

エンジェルのフラワーガーデン。Art-Cemetery in London

ロンドンのお葬式屋さんで、最初にイギリスのお葬式のことを研究した場所は、ロンドン郊外のCemetery, Crematorium やその場所に立てられた墓標の美しさであった。
 
欧米人にとっては、普通のことかも知れない。が、日本人として生まれて、
日本のゲゲゲの鬼太郎のような「墓場」しか見たことがなかった私には、
 
この美しい天国のガーデン、Garden of Heaven は今までの墓場の概念を根底から覆させられたものであった。
 
カラフルな花々、墓地にはベンチが沢山あり、まるで公園のように、しばし、そこでたたずんで、故人を偲ぶことが出来る。
 
薔薇の苗を墓標にすることも人気で、薔薇の苗の下に、
故人の生まれた日、年、月、亡くなった日付、そして、名前、また、故人がどのような人生を歩んだのか、や故人の性格などが示されてある。
 
なので、沢山の薔薇の花がガーデンのように墓地に植えられているのである。
 
死してなお美しく。
 
日本は死んだら、お化けのように怖い、、と感じる。
 
生前、愛していた人、かけがえのない人が、死んだとたんに、怖くなるのが日本流、、とでもいえるのだろうか???
 
棺飾りにしても、日本のは怖いイメージ。
 
仮に、私が死んでも、遺族や友人達に、「怖い」と思われながら、見送られたくはない!
 
美しく見送られ、そして、暖かい感じのする墓地に沢山の花々と共に暮らしたい、、、と感じるのだ。
 
それが、海を越えたここ、ロンドンでは、あたり前のこととして、存在している。
 
 
添付の写真はロンドンの墓石のサンプルです。
ロンドンのカラフルな墓石には自由に好きな模様を刻むことが出来、石の色も赤、白などもえれべます。墓石自体の形もハート型もクローバーでも自由なアートを取り入れる事が出来ます。生前に自分の気に入った墓標を選び。終活の準備をしてはどうですか?エンディングノートに自分だけの墓石を生前に注文し、記載しておくことも良いですね。また、生前葬のお別れパーティーに自慢のハート型の墓石をお披露目しても話題になるかも知れません。Beautiful Storns for Crematorium
墓石の色から、形から、刻む模様から言葉まで自由に生前に自分でも、死後でも遺族が 選ぶことも出来ます。
 
 
墓石の種類は本当に沢山あって、白や赤、ブルーに紺、グリーンなど本当にカラフルです。
 
刻む模様もお花、マリア様の像、鳥、マークなどお花の種類だけでもとても多いのです。
 
これから生前に自分で自分の墓石を終活で選ぶのも良いのではないでしょうか?
 
そして、生前葬のパーテーでお披露目しても、可愛いハート型の墓石などなら、
とても素敵だと思います。
 
石の形もハート、クローバー、熊さん、ピアノ型など、本当に多種多様なデザインからえれべます。
 
墓地もアートのように美しいガーデンでしたが、そこに並ぶ墓石、墓標もまるで、芸術のように美しく、「怖い」という感覚を持っていた、私の思いが180度変わりました。
 
 
「イギリスのお葬式はアートである」と私は強く感じずには折れなかったのです。
 
逆に、死んでどうして怖くならないといけないのでしょう?
 
これこそ、天国Heaven だと感じた、ロンドン郊外の墓地の研究でした。
 
ロンドンの墓地の驚きはまだ続きます。
分骨壷なども火葬が約80%のイギリスならではの可愛いものが沢山あります。

エンジェルのフラワーガーデン。Art-Cemetery in Londonに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment