会社名 - キャッチコピー・商品名など
RSS ファンになる

最新記事

お盆 medium in England( 霊能者を育てる英国の学校
Coffin meets stamps 切手みたいな棺
funeral in New York 世界のお葬式 ニューヨーク
マッサン NHKのマッサン イギリス流エリーの墓地 Grave Tomb in England
Coffin in New York ニューヨークとロンドンの棺の違い

カテゴリー

世界のお葬式 Coffins in the world
検索エンジンの供給元:

Coffins in the world

イギリス・ロンドンの葬儀社での学びがスタート

イギリスの葬儀社には、女性が多く活躍できる場面が多い。
 
初めて、ロンドンの大手葬儀社に、イギリスの美しい葬儀の事を研究したい、、と頼み込んだとき、
 
女性のフュネラル・ディレクター(葬儀をつかさどる人)が上司のようで、どこの誰かも分からないオリエンタル(東洋人)である、私に、男性のフュネラル・ディレクターを紹介してくれ、
 
「彼に話を聞くといい」とスキンヘッドの男性フュネラル・ディレクターに、私の担当をするように促してくれた。
 
そして、しばらく、このロンドンの葬儀社に通うことを許してくれた。
 
日本に生まれて、日本式のお葬式の概念しかなかった私にとって、このロンドンの葬儀社での経験は、驚きの連続になったのである。
 
墓地、墓石、お葬式の花、骨壷や分骨壷、墓標、霊柩車などすべてが
美しい驚きの中で、
 
私をフュネラル(お葬式)とアートの融合や、接点に結び付けていくのである。
 
ロンドンの葬儀社のオフィスでフュネラル・ディレクターの男性と共に色々なことを学んだ。
 
イギリスの葬儀社で 骨壷や火葬 生前予約を学ぶ フュネラルアーティスト 森本由美
 
 

イギリス・ロンドンの葬儀社での学びがスタートに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment