会社名 - キャッチコピー・商品名など
大阪の産経新聞のウェブ版で、手作りのお葬式装飾の教室の運営が人気と掲載された記事。Japanese news paper says that new funeral art  decoration is new ideas and funeral decoration lesson bigan in Osaka
 
 
大阪の産経新聞に掲載された、新しい手作りのお葬式装飾の展示会。The exhibition of funeral art decorations in Osaka
日本映画「おくりびと」英語ではDepaturesの影響もあり、自分の人生のフィナーレをエンディングノートに残したり、生前に分骨壷や遺影用の写真、額、そしてお葬式自身を事前に決めておくことに前向きな、終活。
 
そして、映画「Depatures」がアメリカのアカデミー賞を受賞したことから、世界的に日本のおくりびとにスポットが当たりました。
死者に対する、尊敬の念や、自分らしいお葬式を自分で納得がいくように演出できるように準備することは、もはや、タブーではなくなりました。
 
加えて、2013年2月には、西田敏行さん主演の「遺体 明日への十日間」という、3,11の震災のときの被災地の様子を伝えたドキュメンタリーのような映画が作成されました。
 
「死」は若い人も、お年よりも、赤ちゃんでさえ、平等に訪れます。
欧米では、死は自然な成行きと考えられていますが、なぜか日本ではタブー視すること事態、不自然なことだと思います。
 
自分の気に入った分骨壷、骨壷、お棺、お墓、墓石をエンディングノートに託したり、残したりすることは自然なことだと思います。
 
「死」は自然な成り行きです。
命あるものはすべて死ぬのです。
 
是非、美しいお葬式グッズ、分骨壷、遺影用の額、ピンクのお葬式、墓石など自分らしいお葬式をエンディング出来るようにお勉強しましょう。美しい終活は、きっと貴方の満足行く活動になるはずです。
 
世界のお葬式事情を是非終活で知りましょう。
貴方の知らない世界がいっぱい世界にはあります。世界の棺も色々な種類があるのです。
 
ぜひ参考にしてください。
 
近頃では自分で出席できる生前葬のお別れパーティーを企画し、生前に親しい人などにお別れをすることも多くなってきている。
 
特にタレント、芸能人のかたは生前葬を企画している人や、還暦になったら生前葬をされる方も多くなってきている。
 
また、私どもの手作りのお葬式装飾教室で、実際に自分でお葬式装飾を習い、自分の終活に役立てている生徒さんもいらっしゃいます。
 
お習い事では変わったお教室、世界に1つしかないお教室かも知れませんが、カリキュラムでは自分用の分骨壷のペイントや、ペット用の分骨壷など、カラフルなピンクやゴールド、オレンジなど好きな骨壷をプチデコレーションされています。
 
生前に出来たご自身の分骨壷は、生前には自分の愛用品などのアクセサリー入れ、ジュエリーボックスなどに使われ、フィナーレが来るまでお部屋にインテリアとして飾る方もいます。遺品入れにしてもとても美しい分骨壷とボックスカバーです。
手作りのアート分骨壷は可愛いペット用にも最適です。